借金相談・時効・返済方法・返せない場合 内緒 なんでもQ&A

借金問題を解決する方法をお教えします!

債務整理という言葉を聞いた事はありますか?
聞いたことがある方だとマイナス的でネガティブなイメージを持たれるのではないかと思いますが、実は全然違います!

 

法律によって守られた、根本的に解決できる方法なのです。
だれにも知られる事もありません。

 

もう借金問題に悩む事はありません。
まずは無料相談して明るい未来と笑顔を取り戻しましょう!

リヴラ総合法律事務所弁護士法人RESTA法律事務所

 

根本的に借金問題を解決可能な「債務整理」について、解説します。

消費者金融や銀行カードローンなどから多額の借入があると、毎月どこにどれだけ返済しているのかさえも、把握できなくなることが多いです。このように、複数の借入先から借金をしている状態のことを「多重債務者状態」と言います。

 

このような状態になりますと自分の生活がまともに営めなくなるケースがほとんどです。
いくつかある借入先の1社の返済期日が来たら別の借入先から借りて返済をして、その借入先の返済期日が来たらまた別の借入先から借りて返済をする、という「自転車操業状態」になり、借金はまったく減らなくなります。

 

このように、借金返済が苦しくなった場合、返済を諦めて放置してしまったり夜逃げしたりすることがありますが、こうした方法で借金問題を解決することが出来るのでしょうか?借金は、放っておいても解決できません。

 

借金返済を滞納すると、まずは借入先の消費者金融や銀行などから借金返済の督促が来ます。当初は電話がかかってきたり葉書や封書で督促状が届いたりする程度ですが、それを無視していると、「内容証明郵便」という種類の郵便で、借金残金の一括請求所が送られてきます。

 

これは、借金を長期滞納することによって、借金の分割払いが認められなくなってしまうからです。このことを「期限の利益喪失」と言います。

 

内容証明郵便には、「このまま支払をしないのであれば、裁判をして給料や預貯金の差押をします」などと書かれていることも多いです。ただ、普通は一括払い請求をされても支払ができないことがほとんどなので、放っておくことになるでしょう。そうすると、今度は本当に裁判を起こされてしまうのです。

 

裁判で判決が出ると、借金残額と遅延損害金、さらには訴訟費用(印紙代)の支払い命令が出てしまいます。このような多額の支払は通常できないでしょうから、放置しているしかありませんが、そうすると、今度は本当に給料や預貯金などの財産を差し押さえられてしまいます。生命保険も差押の対象になります。

 

給料は、毎月の手取りの4分の1程度を取られてしまいますし、ボーナスも差押の対象になるので、生活への影響が大きいです。家族がいたら家族にも迷惑をかけますし、家族に秘密で借金している場合には、もはや隠し通すことはできません。

 

このように、借金を放置していても、逃げていても何の解決もできません。むしろ状況がどんどん悪化していくことを知っておくべきです。

樋口総合法律事務所ふづき

 

 

 

 

 

 

 

債務整理で借金問題を解決する!

借金があって返済ができない場合、放っておいても解決はできません。

 

実は、こんなときには、きちんと法的に解決できる道が用意されています。
それは、債務整理による解決方法です。

 

債務整理とは、法的に借金を整理するためのいくつかの手続きのことです。
債務整理には、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産
の4種類の手続きがあり、ケースに応じて適切な方法を選択することができます。

 

自分の状況に応じた手続きをすすめたら、ほとんどどのような借金問題でも解決することができます。

 

具体的に、どのようにして借金問題が解決できるのか、見てみましょう。

 

任意整理で解決する方法

 

任意整理とは、借入先の債権者と話合いをすることによって、借金の利息をカットしてもらったり返済期日を延ばしてもらったりして、借金を整理する方法です。
任意整理をすると、消費者金融などに支払をしている高額な利息が全額カットされます。
このことで、借金の総支払額はかなり減額されます。また、支払期間も延ばしてもらうことができます。返済期間を5年などの長期にしても、その間全く利息がかからないのです。
そこで、月々の借金返済額が非常に低くなり、返済が楽になって継続出来るようになります。任意整理をすると、月々の借金返済額が8万円から3万円に減るケースなどもあります。

 

自己破産で解決する方法

 

次に、自己破産もとても有効です。自己破産をすると、どれだけ多額の借金があっても全額免除されます。借金額が5000万円でも1億円でも10億円でもすべてなくなります。
そして、手続き後は一切返済が不要で、まさに0からのスタートを切ることができるのです。無職無収入でも自己破産はできるので、とても効果的な手続きです。

 

 

個人再生で解決する方法

 

借金しているけれど、住宅ローンがあって家だけは守りたい!というケースでは、個人再生がおすすめです。個人再生をすると、借金額を5分の1〜10分の1など大幅に減額してもらうことができますが、住宅ローンがある場合には、住宅ローン以外の借金だけを減額して、家を守りながら借金だけを減らすことができるのです。こんなことは、返済をせずに放置していたり夜逃げしたりしていては、とうてい実現出来ないことです。
債務整理をすると、今の生活を守りながら、借金問題を上手に解決することができます。

 

特定調停で解決する方法

 

特定調停によっても借金問題を解決することができます。特定調停とは、簡易裁判所の調停手続きによって、借金の返済方法を決め直す手続きです。任意整理の話合いを調停によって行うのと同じようなイメージです

天音法律事務所岡田法律事務所

 

債務整理を専門家に無料で相談できる!

債務整理をするときには、自分1人で手続きをすすめることが難しいです。
債権者との交渉が必要になったり、裁判所への申立が必要になったりするので、
素人がひとりで取り組もうとすると不利になったりスムーズに進まなかったりすることが多いからです。

 

そこで、債務整理するなら弁護士や司法書士に依頼する必要があります。
そのように聞くと、「弁護士や司法書士なんて、お金がかかるのでは…?」と心配になる方がいるでしょう。

 

しかし、今は多くの弁護士事務所や司法書士事務所が借金問題の無料相談を受け付けているのです。無料相談は、何度相談しても無料であることが多く、いくつもの事務所で無料相談を受けて比べることも可能です。

 

自分の今の困った状況を聞いてもらい、適切な債務整理方法についてのアドバイスを受けましょう無料相談でも専門家はしっかりと親身になって話を聞いてくれます。

 

また、債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、その時点で債権者からの督促も止まります。貸金業法という法律により、弁護士などが介入した後は債務者に直接督促してはいけないことになっているからです。

 

さらに、弁護士などに依頼すると、家族に秘密にしたまま債務整理をすることも可能になります。

 

以上のように、借金問題を抱えているなら、まずは弁護士や司法書士の無料相談を受けて、
債務整理について聞いてみることからすべてが始まります。

 

債務整理によって借金問題が解決できたら、今までの苦労が嘘のように思われるものです。きっと「もっと早く相談しておけば良かった」と感じることでしょう。
今、借金問題に苦しんでいるなら、とにかくお早めに借金問題の無料相談を受けることが何よりの得策です。