借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

生活保護を受けたい場合、どの債務整理をすれば良いですか?

生活保護を受けたい場合には、自己破産をすべきです。

借金がある人は、そもそも収入が少ないので生活が苦しい人が多いです。そこで、債務整理中や債務整理後に生活保護を受けたいというケースがあります。

ただ、生活保護は、借金返済をしている状態では受ける事ができません。生活保護のお金は国民の税金ですが、最近では財源不足も問題になっており、生活に困窮宇している人のための生活費に使われるなら仕方がないけれども、借金返済に使われるべきではないと考えられているのです。そこで、生活保護の申請に行っても、借金返済していることがわかると、その問題を先に解決するように言われてしまいます。

具体的には債務整理によって解決すれば良いのですが、このとき、債務整理の方法にも注意が必要です。任意整理特定調停個人再生の場合、手続きによって借金は減りますが、返済が残ってしまいます。そうすると、やはり借金返済している状態が解消されないので、生活保護が受けられないのです。

これに対し、自己破産をすると借金返済義務は完全になくなります。そうすると、生活保護費をもらっても借金返済に充てられるおそれがなくなるので、生活保護の受給要件を満たせば保護を受けることができるようになります。

これから生活保護を受けたいと考えている場合、まずは自己破産によって借金問題を解決しましょう。"