借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

時効を待つのと債務整理するのは、どっちが有効ですか?

借金がある場合、時効を待つよりも債務整理をした方が有効であるケースが多いです。借金返済が苦しくなると、支払をしなくなって放置することが多く、このような場合、返済をしないまま長期間が経過することがあります。

そして、借金には時効があるので、必要な期間が経過すると、時効消滅する可能性があります。たとえば、消費者金融やクレジットカードの借金であれば最終返済日の翌日から5年が経過したら時効消滅しますし、個人や信用金庫からの借入であれば、最終返済日の翌日から10年が経過したら時効消滅します。

ただ、時効には「中断」という制度があります。時効の中断とは、その事由があると、時効の進行が中断して、また初めからの計算になってしまうことです。たとえば、債権者から裁判を起こされると、時効が中断します。そこで、借金を長期間滞納していても、時効が成立する前に消費者金融などから裁判を起こされたら、時効が中断してしまいます。

この場合、判決確定後さらに10年たたないと時効が成立しなくなります。このような時効中断のリスクを考えると、借金の時効の完成を待つのはあまり得策ではありません。時効完成が間近であと1,2ヶ月などというケースは別として、借金問題を解決するには基本的には債務整理をした方が得策です。"