借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

債務整理した人と結婚すると不利益がありますか?

債務整理をした人と結婚をしても、基本的に不利益はありませんが、ローンやクレジットカードなどを利用したい場合などに不便を感じる可能性はあります。

債務整理をした人と結婚しても、自分が代わりに返済しなければならないことはありません。債権者や弁護士、裁判所などから連絡が来ることもありません。周囲に過去の債務整理が知られるわけでもないので、近所で肩身の狭い思いをすることもありませんし、子どもができても、特に不利益を受けることはありませんし、子どもの結婚や就職にも影響しません。

ただ、債務整理手続きにもよりますが、債務整理をした人は債権者に返済を継続していることがあります。任意整理や特定調停、個人再生の場合、手続き後数年間の間、債権者に対して月々数万円程度の支払が必要になるからです。そこで、これらの債務整理をした人と結婚すると、給料からこれらの支払が必要になって、生活費がその分減るという影響はあります。

なお、自己破産の場合には返済が残らないので、この問題はありません。

また、債務整理をすると、ローンやクレジットカードを利用できないブラックリスト状態になってしまいます。そこで、債務整理をした人と結婚すると、配偶者の名義で住宅ローンやクレジットカードを利用することができなくなるので、不便を感じる可能性はあります。


以上のような不利益はありますが、債務整理をした人と結婚することによる不利益には直接的なものはなく、比較的限定的なものと言えます。