借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

保証人がいるときに債務整理すると保証人に迷惑をかけますか?迷惑をかけない方法はありますか?

保証人がいるときに債務整理をすると、保証人に対して借金返済請求が行われることが多いですが、債務整理の手続きによっては迷惑をかけることを回避することが可能です。

借金をするとき、保証人をつけることがあります。保証人とは、主債務者(借金をした本人)が返済しない場合に備えて、代わりに借金返済をするための担保となる人です。日本では、ほとんどの場合、通常の保証人よりも責任が重くなっている連帯保証人が採用されています。主債務者が債務整理をしても、保証人の保証債務には影響がありません。

そこで、保証人がいる場合に保証人がついている借金を債務整理してしまうと、債権者は保証人に対して借金の返済請求をします。

保証人がいるときに保証人に迷惑をかけずに債務整理をするには、任意整理を利用する方法がおすすめです。任意整理では、対象にする債権者を選ぶことができるので、保証人がついている借金だけを外すことができます。そうすると、保証人がついている借金以外の借金を整理して支払を楽にすることができますし、保証人つきの借金については自分がこれまで通り返済を続けていくので、保証人に迷惑をかけずに済みます。
これに対して、個人再生自己破産をすると、必ず保証人に対して請求が行われるので、迷惑をかけない方法はありません。これらの手続きをするときには、事前に保証人にそのことを告げて、対応を相談しておく必要があります。