借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

給料の差押を受けていても債務整理で解決できますか?

給料の差押を受けている場合、個人再生自己破産をすると差押を止めることができるので解決できます。

借金返済を滞納していると、債権者から裁判を起こされて給料や預貯金などの差押を受けることがあります。このようなとき、債務整理によって差押を止めることができます。

まず、個人再生をすると、手続き開始決定があったら強制執行(差押)が中止されるので、その後は差押が止まります。ただし、この場合差し押さえ対象の給料は会社にプールされて、手続きが終了した後にまとめて債務者に渡されることとなるので、先に受け取りたい場合には、強制執行取消の申立をして認めてもらう必要があります。

自己破産の場合にも、手続き開始決定があったら強制執行が止まります。管財事件(財産が一定以上ある人のための複雑な手続き)の場合にはすぐに給料を全額受け取れるようになりますし、同時廃止(財産がない人のための簡単な手続き)の場合には、個人再生のケースと同様に給料が勤務先にプールされて、手続き終了時にまとめて受け取れることになります。先に受け取りたい場合には、やはり個人再生のケースと同様、強制執行取消の申立をして認めてもらう必要があります。

給料の差押を受けると、生活への影響も大きいので、早めにこうした債務整理方法を利用して、差押を停止することが大切です。