借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

債務整理するとローンつきの車はなくなりますか?

債務整理をした場合、ローンつきの車はなくなることもありますが、なくならないこともあります。
任意整理をすると、車を守りやすいです。車をローンによって購入すると、車の名義が購入者に移らず、ローン会社に留め置かれることがあります。このことを所有権留保と言います。所有権留保をつけることによって、購入者(債務者)が車のローンの支払をしなくなったら、ローン会社が所有権にもとづいて車を回収して、ローン返済に充てようとする目的のものです。

そこで、この場合には車のローンを債務整理すると、ローン会社が車を引き上げてしまうので、車がなくなります

。ローンつきの車がある場合に車がなくならないようにするためには、債務整理手続きの中でも任意整理を選択する必要があります。任意整理であれば、対象とする債権者を選べるので、車のローン債権者を外して債務整理をしたら、車を引き上げられずに済みます。この場合、車のローンはこれまで通り、自分で支払を続けることになります。
これに対し、個人再生自己破産をすると、車はなくなります。これらの手続きでは、すべての債権者を対象にしなければならないので、必ず車のローンも債務整理対象になってしまうからです。稀に個人再生で別除権協定という協定を締結する方法で車を守れることがありますが、そのようなことはレアケースなので、一般的には個人再生をすると所有権留保つきの車を守ることはできないと考えましょう。"