借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

任意整理のメリットは?

任意整理をすると、債権者への支払利息がカットされます。通常、借金返済をしているときには毎月利息をつけて支払いますが、任意整理をすると、消費者金融などの債権者との合意後の利息は全額カットされます。このことによって、借金返済額が大きく減ります。

また、任意整理の話合いによって、借金の支払期間を延ばしてもらうことができ、具体的には、5年程度までの伸長が可能です。このことにより、月々の返済額が大きく減ることが任意整理のメリットです。

たとえば、任意整理までには月々10万円の借金を返済していた人でも、任意整理後は月々4万円程度にまで借金返済額が減ることもあります。

また、任意整理の途中で過払い金が見つかることがあり、そうした場合には過払い金請求をしてお金を取りもどすことも可能です。

さらに、任意整理弁護士や司法書士に依頼すると、債権者からの督促が止まります。貸金業法という法律によって、弁護士や司法書士が債務整理に介入した後は、貸金業者は債務者に直接督促をしてはいけないことになっているからです。また、任意整理の場合、対象にする債権者を選ぶことができます。たとえば、保証人がついている借金がある場合などには、任意整理をするときに保証人つきの借金を外して整理すれば、保証人に迷惑をかけずに済みます。"