借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

任意整理のデメリットは?

任意整理のデメリットは、大きすぎる借金の整理ができないことです。任意整理では、法律によって強制的に借金を減額することができず、基本的には相手が合意してくれる範囲内での減額しかできません。そこで、任意整理の際には、借金の元本部分は減額されないことがほとんどです。

たとえば、600万円の借金がある場合、任意整理をしても基本的に600万円の返済が必要になります。すると、5年払いにしても、毎月10万円の返済が必要になってしまいますが、そのような高額な支払ができない人が多いので、任意整理では解決が難しくなるのです。
この点、個人再生なら600万円の借金があると最大120万円にまで減額ができるので、効果的に借金問題を解決することができます。

また、任意整理は、相手との話合いによって借金問題を解決する方法なので、債権者が話合いに応じてくれない場合には任意整理はできません。消費者金融の中には任意整理の話合いを持ちかけても応じてくれない業者がいますし、話合いには応じたとしても、条件について合意ができなければ、やはり任意整理による解決は困難になります。

この点、個人再生なら個々の債権者の同意がなくても借金が強制的に減額されますし、自己破産なら債権者の同意なしに借金が0になるので、任意整理とは全く異なります。"