借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

任意整理でどのくらい借金が減りますか?

任意整理をした場合の借金減額率は、過去に利息制限法を超過した利率による取引があったかなかったかによって異なります。

まず、過去(平成20年頃以前)に利息制限法を超える高利率での支払をしていた場合には、借金が元本ごと大きく減額されます。この場合、利息制限法を超える利率で支払った利息支払い分が、支払いすぎ利息として返ってくるので、その分が元本から差し引かれることになります。差し引かれる金額については取引期間の長さにもよりますが、払いすぎ利息が多い場合には借金が0になることもありますし、払いすぎ利息によって借金を完済してしまったら、過払い金が発生することもあります。

これに対し、利息制限法を超過した利率での取引がない場合には、基本的に借金元本の減額はありません。つまり、借金が300万円ある場合、300万円の借金が残ることになります。

ただし、債権者との合意後の将来利息は全額カットされるので、予定されていた利息分は減額してもらえることになります。たとえば、先の例で言うと、残った300万円の借金には利息がつかず、定められた3年〜5年程度の期間内に300万円のみを返済すれば借金が無くなります。

消費者金融やクレジットカードのキャッシングの利息は年率15%になることもあって高額なので、これがすべてカットされると、借金返済総額としては、かなり大きく減額されることになります。