借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

任意整理後の支払いが出来なくなったらどうしたらいいですか?

任意整理後の支払いが出来なくなった場合、個人再生自己破産をするしかないことが多いです。

任意整理をすると、債権者との合意後に支払が残ります。この支払は、月々数万円ずつになり、だいたい3年〜5年くらい続くことが普通です。任意整理後の支払ができなくなったとき、1回遅延しただけではさほど大きな問題になることはありません。すぐに滞納分を支払ったら、またそれまで通り、分割で支払っていくことができます。


これに対して、支払を2回以上滞納すると、借金残金の一括払いを請求されてしまうおそれがあります。任意整理で債権者と合意したとき、借金を2回分以上滞納すると、借金の分割払いが認められなくなって、そのときの残金を一括払いしなければならないという約束になっていることが多いからです。このことを期限の利益喪失と言います。

ただ、借金を2回分滞納しても、多くのケースでは遅延分を支払ったらまた分割払いをさせてくれます。これに対し、遅延が3回分や半年以上になってくると、債権者はもはや待ってくれなくなって、借金の一括請求をしてきます。

この場合、放っておくと裁判をされて給料や預貯金などの財産を差し押さえられてしまうので、別の債務整理によって適切な対応をする必要があります。

任意整理後の支払いを滞納した以上、信用を失っており再度、任意整理の話合いをすることは難しいので、個人再生で借金を減額してもらうか、自己破産で借金をなくしてもらうしか、方法がなくなることが多いです。