借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

個人再生でどのくらい借金が減りますか?

個人再生をすると、大きく借金返済額を減らしてもらうことができますが、具体的にどこまで減るかについては、借金の金額によって異なります。

具体的には、以下の通りとなります。

借金額が100万円まで→借金がそのまま残る
借金額が100万円から500万円まで→借金額は100万円に減額される
借金額が500万円から1500万円まで→借金額は5分の1に減額される
借金額が1500万円から3000万円まで→借金額は300万円に減額される
借金額が3000万円から5000万円まで→借金額は10分の1に減額される


たとえば、借金が1000万円ある場合には、200万円にまで減額されるので、大変な減額効果があります。任意整理では借金元本の減額が難しいので、借金額が大きすぎて整理できない場合でも、個人再生を利用すると、解決できることがよくあります。

ただし、個人再生の場合、債務者が所有する財産の評価額までは最低限支払をしないといけない、という決まりがあります。このことを精算価値保障原則と言います。

たとえば、借金が1000万円ある場合でも、400万円の財産があったら、借金は400万円にまでしか減額されないことになります。このように、個人再生では、多額の財産があると借金が減額されにくくなります。