借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

個人再生を自分でするのは無理ですか?

個人再生は、債務者が自分ですることは非常に難しいです。

素人の場合には、弁護士や司法書士に依頼した方が良いです。個人再生をするときには、裁判所に申立をしなければなりません。そのとき、たくさんの必要書類を集めなければなりませんし、ケースによって必要になるものが異なるので、自分のケースで何が必要か、適切に判断しなければなりません。ふだん取り扱わない書類なので、集める方法がわからないこともあります。

また、個人再生では非常にたくさんの専門的な書類を作成する必要があります。まずは、申立書・陳述書という書類を作成しなければなりませんし、債権調査を行って債権者一覧表も作成する必要があります。適正な財産評価をした上で、財産目録を作成する必要もあります。債権者からの債権届けがあったら、それに対して異議申述が必要になることもありますし、再生計画を立てて再生計画案や弁済計画表を作成する必要があります。書類に不備があったら裁判所から追完の指示がありますが、そのような指示にも適切に対応しなければなりません。これらの対応が不十分な場合、手続きが前に進まなくなってしまいます。

このように、個人再生では非常に専門的なスキルが要求されるため、素人の債務者が自分で進めるのは難しいのです。理屈としては自分で申立をすることも可能ですが、実際には元弁護士や元司法書士などでもない限り、一人で手続きすることは難しいことが多いでしょう。