借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

個人再生の住宅ローン特則とは何ですか?

個人再生の住宅ローン特則とは、正式名称を「住宅資金特別条項」と言って、債務者に住宅ローン債務がある場合、住宅ローンだけはそのまま支払を継続して家を守ることができる特則のことです。


借金返済が苦しくなっている場合、住宅ローンが負担になっているケースも多いです。しかし、住宅ローンがある場合に住宅ローンを対象にして債務整理をすると、銀行などの住宅ローン債権者が抵当権を実行して家を競売にかけてしまうので、家がなくなってしまいます。

そこで、住宅ローンを外して任意整理をする方法もありますが、その場合には借金を大きく減額することができないので、問題解決につながらないことがあります。

こうした場合、個人再生の住宅資金特別条項(住宅ローン特則)が役に立ちます。住宅ローン特則を利用すると、住宅ローンの支払だけはそのまま継続して、他の消費者金融やクレジットカードなどの借金だけを大幅に減額してもらうことができるのです。

また、住宅ローンを長期間にわたって滞納していると、保証会社が代位弁済して一括請求してくることがあります。このようなケースでも、住宅ローン特則を利用すると、代位弁済がなかった状態に巻き戻すことができるので、家を守ることができます。

このような効果は、個人再生にのみ認められる大きなメリットです。