借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

個人再生の積立金とは何ですか?

個人再生をする場合には、申立後に毎月積立金を実施する必要があります。個人再生では、手続き後に原則3年間、債権者に対して支払をしなければなりません。ところが、いきなりこのような支払が始まると、それまでの生活とバランスが取れずに失敗してしまう人がいます。そこで、手続き進行中から、予行演習として毎月積立を行い、将来の支払の準備をしておくのです。これが個人再生の積立金です。

個人再生の積立金の金額は、手続き後に債権者への支払が予定されている金額と同程度以上の金額です。たとえば、手続き後に毎月3万円の支払が予想される人であれば、手続き期間中に毎月3万円以上の積立をする必要があります。

東京地方裁判所では、個人再生の手続きにおいて個人再生委員が選任されますが、個人再生委員が選任される場合、積立金は個人再生委員の報酬に充てられて、報酬を支払い終えた後の積立分は、後に債務者に返還されます。

個人再生委員が選任されない裁判所でも積立金は必要で、その場合には毎月専用の通帳に入金して貯めていく、などの方法をとります。個人再生の積立金ができないと、手続きを進めてもらうことができず、個人再生に失敗してしまいますから、毎月確実に実施していくことが大切です。