借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

個人再生では、どのくらいの収入が必要ですか?

個人再生をする場合には、一定以上であり、継続して安定した収入があることが必要です。

個人再生をすると、手続き後に原則として3年間、債権者に対して借金残金の支払をしなければなりません。この支払を途中でできなくなってしまったら、債権者から再生計画認可決定の取消を申し立てられて、借金の減額がなかったことになってしまい、個人再生した意味がなくなってしまうからです。

そこで、個人再生において裁判所に再生計画の認可をしてもらうためには、手続き後確実に返済を継続出来る必要があります。具体的には、一定以上の収入があることが必要ですし、その収入はある程度安定している必要もあります。

個人再生で必要な収入の金額は、ケースバイケースです。再生計画で返済が必要になる金額の返済ができれば良いので、収入(手取り)から毎月の支出を引いた金額から支払をする余裕があれば、再生計画は認められます。借金額が多ければその分支払い額が大きくなるので、必要とされる収入額も大きくなります。

また、個人再生では、ある程度安定した収入が必要です。今は働いていても過去2年間にほとんど働いた実績がない場合や、非常に収入の変動が激しい場合などには個人再生が難しくなるケースもあります。ただ、サラリーマンでないと利用できないというものではなく、個人事業者もよく利用していますし、年金生活者やアルバイトの人でも個人再生を利用できる可能性はあります。