借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

自己破産すると官報に情報掲載されるのですか?官報に掲載されたら職場や家族にばれますか?

自己破産をすると、官報に氏名や住所などの情報が掲載されます。官報とは、政府が発行している刊行誌(新聞のようなもの)です。官報に情報掲載されたとしても、職場や家族にばれる心配はほとんどありません。


自己破産をすると、手続き開始決定の時と免責決定の時の2回、官報という政府の刊行物に氏名や住所、手続きの名称や事件番号、決定内容などが掲載されます。このことを「官報公告」と言います。

官報とは、政府が毎日刊行している新聞のようなもので、法律や条令の改正などについての情報や、競売や破産、個人再生などの裁判所の情報などが掲載されています.インターネット上でも過去30日分の官報を閲覧することができます。

自己破産だけではなく、個人再生をした場合でも官報公告されます。官報に情報を掲載されたとしても、周囲に破産がばれることはほとんどありません。一般の普通の人で官報を見ている人はほとんどいないからです。

官報を読んでいるのは、闇金業者や不動産業者などの一部の業者です。闇金業者は、破産者を探してお金を貸し付けようとしており、不動産業者は、管財事件を探して不動産の売却業務にかかわりたいと考えています。

普通の職場の人や普通の一般の個人で官報を読んだことがある人はほとんどいませんし「官報」という言葉すら知らない人が多いです。そこで、官報公告によって職場や家族に自己破産を知られる心配はほとんど不要なのです。