借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

借金がどれだけ多くても自己破産できますか?限度額はどこまでですか?

自己破産には、借金の限度額がありません。どれだけ多額であっても「支払不能」である限り、破産ができます。

自己破産するとき、借金額が多すぎると破産できないのではないかと心配される方がいます。たとえば、事業で失敗して1億円の負債がある場合などには、破産ができないのではないかと考えたり、個人からの借金がたくさんある場合には破産ができないのではないかと考えたりします。

しかし、自己破産には借金の限度額に限定がなく、1億円の負債でも10億円の負債でも自己破産によって0にしてもらうことができます。

また、個人からの借金であっても全部免責してもらうことが可能です。

自己破産で問題になるのは「支払不能」かどうかという点です。支払不能とは、その人の収入や資産状況からして借金の支払いを継続していけるかどうか、という問題です。収入や資産に対して支払額が大きくなりすぎていたら、支払不能と認められて基本的に破産できます。

このことは、借金額が少ない場合でも同じです。たとえ100万円以下の少額の借金であっても、その人にとって支払不能であれば、自己破産することができます。

たとえば、生活保護の人の場合、50万円以下の借金でも自己破産している事例があります。

個人再生では5000万円が限度額となっており、任意整理では事実上数百万円以上の借金があると手続きが難しくなってくるので、これらと比べると限度額のない自己破産には大きなメリットがあると言えます。