借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

債務整理にはどのような種類がありますか?

債務整理には、任意整理特定調停個人再生自己破産の4種類があります。過払い金請求も債務整理の1種とされます。

任意整理は、消費者金融などの借入先と話合いをすることによって借金の利息をカットしてもらったり返済期間を延ばしたりしてもらう手続きです。

特定調停は、簡易裁判所で調停をすることによって、借金を整理する方法です。

個人再生とは、裁判所に申立をして、借金を大きく減額してもらう手続きです。たとえば、500万円の借金がある場合に100万円にまで減額してもらうことなどが可能です。さらに、個人再生をすると、住宅ローンがあっても住宅ローン以外の借金だけを減額することにより、家を守ることができます。

自己破産とは裁判所に申立をして借金返済額を0にしてもらう方法です。

債務整理手続きとして、過去に、消費者金融やクレジットカードの取引をしていて、高額な利息を支払っていた場合には、払いすぎた利息を取りもどすことができる過払い金返還請求もできます。

借金がある場合、これらの債務整理手続きの中から適切なものを選んですすめると、ほとんどの問題が解決できます。債務整理は、借金問題を根本的に解決できる方法なので、借金返済ができなくなったら、まずは弁護士などに相談をして債務整理をすべきです。