借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

自己破産をしても、賃貸アパートを借りられますか?

自己破産をしても、賃貸アパートなどの住宅を借りることはできます。

ただ、家賃の支払方法で信販会社を利用する場合や、信販系の保証会社が入る場合には、審査にとおらず契約を断られることがあります。


一般的に、自己破産をすると、個人信用情報に事故情報が登録されるので、銀行ローンや消費者金融、クレジットカードなどを利用することができなくなります。この状態のことを「ブラックリスト」状態などと言ったりしますが、ブラックリスト状態になると、ローンやカードの審査には通らなくなります。

そこで、賃貸住宅を借りる際の審査にも通らなくなるのかが心配だという人が多いです。自己破産をしてブラックリスト状態になっていても、賃貸住宅の審査には通ります。個人信用情報における信用力の問題は、ローンやクレジットなどの借金にまつわる問題であり、不動産の契約とは無関係だからです。不動産会社は信用情報機関に加盟していないので、賃貸の審査において、不動産会社が個人信用情報を調べることもありません。

ただ、家賃の支払方法で、クレジットカードを利用するタイプや信販会社を利用するタイプの場合、クレジットカード会社や信販会社が個人信用情報をチェックするので、ブラック状態だと契約ができないことがあります。

同様に、信販系の保証会社が入る場合も、その保証会社が個人信用情報をチェックするので、賃貸の審査に通らないことがあります。このような場合以外は賃貸契約は自由なので、自己破産手続き中や手続き後でも、多くの人が賃貸住宅を借りて引っ越しをしています。