借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

自己破産をすると、すべての財産が無くなるのですか?

自己破産をしても、すべての財産が無くなるわけではなく、最低限生活に必要な財産は手元に残すことができます。

自己破産をすると、債務者が持っている財産がすべてなくなる、というイメージがあります。確かに、破産者が財産を持ったまま借金だけをなくすというのは不公平ですから、基本的な理解としては、これは正しいです。

ただ、自己破産をしても、生活に必要なすべての財産を取られるわけではありません。

具体的には、以下のような基準で破産者の自由財産(破産者が手元に残していてもよい財産)が認められます。

預貯金や生命保険などの個別の財産については、20万円以下まで現金なら99万円まで。つまり、預貯金や生命保険、車や株券などの個別の財産であれば、それぞれ20万円までは持ったまま破産することができますし、現金なら、99万円まで持っていても破産することができるのです。ただし、財産全体として99万円を超えてはいけないという基準があります。

そこで、自己破産をしても100万円に近い財産を手元に残したまま手続きできることになります。このように、破産をしても一切合切の財産を全部とられることにはならないので、さほど不安に思う必要はありません。破産手続開始決定後に入ってきた財産も自由財産なので、破産手続き中や手続き後に入ってきた給料を取られるおそれなどもありません。