借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

自己破産は、自分でするのは無理ですか?

自己破産は、債務者がひとりですすめるのは難しいので、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することをお勧めします。

自己破産をするときには、裁判所に申立をしなければなりません。申立をするためには、債権者に対して債権調査を行って債権者一覧表を作成しなければなりませんし、たくさんの書類を集める必要があります。ケースによっても必要書類の種類が異なるので、自分の場合に必要なものを過不足なく集める必要があります。

また、自己破産には同時廃止と管財事件という2種類の手続きがあり、どちらになるかによってかかる費用や手間、期間が全く異なってきますし、提出すべき書類なども異なってきます。自分で手続きをすると、このような手続選択もうまくいかないことが多いでしょう。

さらに、破産手続の進行中も、裁判所からいろいろな連絡や指示が来るので、その都度適切に対応する必要があります。指示に従わないと手続きが止まってしまうこともありますし、間違った対応をすると免責が受けられなくなったりするおそれもあります。

そこで、自己破産するときには専門家の助けが事実上必須になります。実際に、債務者がひとりで裁判所に行っても、「弁護士に相談してはいかがですか?」と裁判所の書記官に言われることがあります。自己破産したいなら、弁護士や司法書士に相談をするところから始めましょう。