借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

債務整理すると、家族に迷惑をかけますか?

債務整理をしても、家族に迷惑をかけることは少ないです。

債務整理には任意整理特定調停個人再生自己破産の4種類がありますが、どの手続きを利用しても家族が代わりに返済しなければならないことはありません。債権者から家族に対して返済請求や返済願いが来ることはありません。


また、家族の信用情報のことを心配される方もいますが、個人信用情報は個人によって別々に管理されているので、たとえ家族同士であっても、お互いに影響を及ぼし合うことがありません。

そこで、自分が債務整理をしても家族の信用情報には影響がなく、家族はローンやクレジットカードを利用することが可能です

ただ、自己破産をすると、債務者名義の財産がなくなってしまうことになります。たとえば、自分名義で住宅を購入していた場合に自己破産をすると、家がなくなってしまうので家族で引っ越しをしなければなりません。自分名義で子どもの学資保険に加入していた場合に自己破産をすると、学資保険が解約されて債権者に配当されてしまうので、やはり家族に迷惑をかけることになります。

このように、債務整理をしても家族に直接的に迷惑をかけることはありませんが、自己破産によって財産が無くなるという影響はあるので、こうした場合には、事前に家族でしっかり話し合っておくことが大切です。ただ、借金がある場合には、自己破産をせずに放置している方が家族により大きな迷惑をかけることになるので、「自己破産しない」ということは解決方法にはなりません。"