借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

債務整理をするとブラックリスト状態になるのですか?

債務整理をすると、ブラックリスト状態になります。(過払い金請求をしただけの場合は除きます)債務整理をすると、個人信用情報に事故情報という情報が登録されます。

個人信用情報とは、個人ローンやクレジットカードなどの利用に関する情報です。銀行やクレジットカード会社などは、ローンやカードの申込があると、個人信用情報を確認して、信用力に問題がないかどうかをチェックしますが、このとき事故情報の登録などの問題があると、審査に通しません。そこで、債務整理をして事故情報が登録されると、ローンやクレジットカードが利用できないブラックリスト状態になるのです。

ブラックリスト状態になってしまったら、住宅ローンや車のローン、事業ローンなどは利用できませんし、自分名義でクレジットカードを作ることもできません。今使っているカードがあっても、カードの更新の際などに止められてしまいます。また、子どもの奨学金の保証人になることもできなくなりますし、携帯電話の端末を分割払いで購入することもできなくなって、大変不便です。

債務整理後のブラックリスト期間は、利用した手続きにもよりますが、債務整理後だいたい5年〜10年程度続きます。任意整理特定調停よりも、個人再生自己破産の方がブラックリスト期間が長くなることが多いです。"