借金 なんでもQ&A 誰にも知られず無料相談

ブラックリストの期間はどのくらい続きますか?

債務整理をした後のブラックリスト期間は、だいたい5年〜10年程度ですが、手続きや登録される信用情報機関によっても異なります。任意整理特定調停よりも自己破産個人再生の方がブラックリスト状態が長くなります。

信用情報機関にはCICとJICC、KSC(全国銀行個人信用情報センター)があり、JICCには消費者金融が多く加盟していて、CICにはクレジットカード会社が多く加盟していて、KSCには銀行や信用金庫などが加盟しているという特徴があります。

任意整理特定調停の場合、JICCでは手続き後5年間、CICでは完済後5年間、KSCでは手続き後5年間記録が残りますので、任意整理特定調停をすると、だいたい5年〜8年間くらいブラックリスト状態になります。

個人再生の場合には、JICCでは手続き後5年間、CICでは完済後5年間、KSCでは手続き後10年間記録が残ります。

自己破産の場合、JICCやCICで手続き後5年間、KSCでは手続き後10年間事故情報が残ります。そこで、個人再生自己破産をすると、ブラックリスト状態が5年〜10年間程度続くことになります。特に銀行ローンなどを借りようとしても、手続き後10年は利用できないケースが多くなるので、注意が必要です。

債務整理手続き後5年や10年が経過してローンに申し込みたいとき、ブラックリスト状態が解除されたかどうかは、各信用情報機関に対して個人信用情報開示請求をしたらわかるので、事故情報が消えていることを確認してからローン申込をすると良いでしょう。